焦らないで避妊計画
避妊について考えているカップル

どんな事態にも焦る事のない避妊計画を立てましょう!

医薬品を用いた緊急避妊法は時間の経過が重要

医薬品のイメージ画像緊急避妊薬は、モーニングアフターピルもしくはアフターピルと呼ばれています。
様々な事情が要因となり避妊に失敗してしまった性行為後、低用量ピルを飲み忘れてしまった際の対処方法としてアフターピルが用いられます。
性行為後の72時間以内に摂取することにより、望まない妊娠をしてしまう可能性を8割減少させることが可能です。
現在、緊急避妊方法はアフターピルを用いる2種類の方法が存在します。
一つ目の方法は、中用量ピルを用いた緊急避妊方法です。
性行為後の72時間以内に、中用量ピルを2錠を摂取します。
摂取した12時間が経過した後に再び2錠服用します。
吐き気や月経痛に似ている腹痛が起こることが確認されており、現在においては使用されることはほぼありません。
二つ目の方法は、日本においては2011年に認可され産婦人科など医師が処方すること購入できます。
どのような方法もホルモンの量を一時的に増加させ、排卵を抑えたり遅らせることにより、無排卵や遅延排卵、黄体期を短縮させ避妊の効果を高めます。
性交後に服用する場合は、早いほど避妊の成功率が高まることからアフターピルの多くは72時間以内の摂取が適切としています。
しかし、海外の研究期間による発表では72時間以上経過していたとしても120時間を経過していなければおよそ6割の避妊効果があるとされています。
仮に、避妊に失敗してしまったとしても妊娠時にはアフターピルを大きく上回る女性ホルモンが分泌されていることから胎児に悪影響が及ぶことはありません。
低用量ピルであったとしても、医薬品であることから副作用のリスクが無いとは言えません。
医薬品であるということを念頭において、不安であればすぐに医師に相談するということも大切です。