焦らないで避妊計画
避妊について考えているカップル

どんな事態にも焦る事のない避妊計画を立てましょう!

生理が遅れるケースを見てみよう

女性にとって生理が毎月きちんと決まった日に来るかどうかというのは、健康のバロメーターであるといえます。
生理が遅れる原因は様々です。
ここで、生理が遅れるケースを見てみようではありませんか。

まずは、妊娠している可能性です。
排卵しなければ、生理は来ません。
病院に行く前に検査薬でチェックしてみましょう。

次に考えられるのが、無理なダイエットを行った場合です。
食事制限なので、急激に体重が落ちるとホルモンバランスが崩れて遅れることがあります。

3つ目は、ストレスによるものです。
自律神経が乱れて、それとともに排卵の周期がいつもと変わってしまう場合があります。

4つ目は、激しい運動が原因で、ストレスと同じように自律神経の働きが悪くなることによっても来なかったり、遅れたりすることがあります。

5つ目は、薬による副作用です。
抗うつ薬だけでなく、吐き気止めや胃薬の服用などがホルモンに影響することもあるので注意が必要です。

6つ目は、病気が原因の場合です。
体の器官のどこかに異常があると、生理は遅れます。

7つ目は、早発閉経と呼ばれる、閉経年齢に達していないのに生理が来なくなる状態のことです。
最後は、出産や流産、中絶時などの子宮の処置に問題があった場合です。
いずれのケースでも、原因によって対処が変わるので、心配な時は早めに婦人科を受診するようにしましょう。